目標の細分化に合わせた評価を

会社が定めた目標の達成度合い

営業職に課される目標としてノルマがあります。ノルマがきついと仕事も大変に感じるようですが、ノルマがあるからこそそれぞ目指した活動ができ、会社の売上にも貢献できるようになります。人材管理システムにおいては会社が定めた目標に対して各人がどれだけ達成したかを管理できる仕組みがあり、達成度合いによって給料や役職などの評価ができるようになっています。継続して目標を達成していればより給料も上がりやすいですし、通常よりも早く高い役職に就ける可能性もあります。年間目標が設定されているときにはその年度中にどれくらい達成できているかを社員に知らせられるようになっていて、目標に達していない社員に対してやる気を促せる仕組みになっています。

社員自身や同僚の評価

一般的な人事評価は上司から部下に対して行われるケースが多く、要領のいい社員の中には上司にこびへつらっていい評価をもらおうとしたりもするようです。もちろんその結果出された評価は正当なものと言えないのでしょうが、実際には多く行われていて問題とされてきました。新たな人材管理システムにおいては上司以外の評価を加味する仕組みがあり、社員自身が自らを評価したり同僚や部下の評価を総合して行うところもあります。社員自身が自分で評価する仕組みがあればより仕事に対する意欲を持ちやすくなるでしょう。上司だけでなく同僚や部下が評価する仕組みがあると、上司へのこびへつらいはなくなり正当な評価がしやすくなるかもしれません。評価の不公平さも少なくなりそうです。