目標は管理をしなければ意味が無い

目標管理システムとは

人材管理システムは様々な側面から、人材管理をサポートするツールですが、その中の一つに目標管理システムがあります。 このシステムは簡単に言うと、社長等の役員から一般社員まで、会社の社員全員の人事評価を適正に行うためのシステムです。特に会社で目標管理制度を取り入れている会社には、運用しやすいシステムになっている点にも、特徴があります。 評価の過程や評価結果を可視化することができます。評価シートやワークフローを、データやペーパーにすぐ出力できるので、手元にパソコンがあれば、どこにいても人事評価が出来るという点は、大きなメリットと言えます。例えば、出張や外出で社内にいなくても、管理職は評価が出来ることになります。

しっかり管理をしてこその目標です

目標は立てただけでは、全く意味がありません。目標に向かってどのようなアクションを起こし、どのような結果につながったかを、しっかり管理していく必要があります。成果が出なかったり数字が右肩下がりになってきた場合、軌道修正も検討しなければいけません。

このような管理に関しても、目標管理システムは力を発揮します。目標に対しての定期的な進捗状況を報告してもらい、管理システムを通じてリーダーが目標の見直しや助言をすることも可能になります。報告の有無もシステム上すぐにわかるので、余計な管理の仕事に手を煩わされる事もありません。

また、社員全員で情報の共有化が図れる事で、生産性の向上や業務の効率化につなげることも可能です。