目標を細分化する事でのメリット

ゴールをイメージしやすくなる!

目標を細分化することにより、大きな目標までのゴールを描きやすいというメリットがあります。例えば、5年後に売上を1億円アップするという大きな目標を立てたとします。このような大きな目標だけを掲げた場合は、今、何をすればいいかイメージがしにくく、結果的に何もせず月日が経ってしまう可能性が高いです。しかし目標を細分化すれば、今、何をすればいいかがイメージしやすくなります。単純に売り上げ目標を細分化し、4年後までに売り上げを8千万円アップする、3年後までに売り上げを6千万円アップするとしていけば、「今年は売り上げを2千万円アップするよう動けばいい」と具体的なゴールをイメージできます。ゴールをイメージできると、目標達成のために動きやすくなります。

目標が達成可能だと実感できる!

目標を細分化することにより、目標を達成することが可能だと感じやすくなるメリットもあります。個人目標として「30年後に社長になる」という目標を立てた時、どうすれば社長になれるのか、途方に暮れる人もいるでしょう。無理だと感じる人も大勢いるはずです。しかし、30年後から逆算し、20年後までに部長になる、10年後までに課長になると目標を細分化していくと、実現可能に見えてきます。

3年後までに一人前の仕事ができるようになる、1年後までに最低限の社会マナーを身につけるというように、現在の自分と大きな目標までの道を細かく刻むことで、達成可能だと感じられるようになります。「そのために今日、しっかり挨拶をするよう心がけよう」という小さな目標まで細分化できれば、小さな目標をクリアしながら、大きな目標の実現に近づけるはずです。